【感想】映画「家族を想うとき」を思って私が感じたこと【ケン・ローチ監督】

家族を想うとき ヒューマン

ケンローンチ監督の「家族を想うとき」という作品を観ました。

結論から言うと、とても良い映画だと思いました。決して”楽しい!”という感じではないのですが、なかなか考えさせられる内容というか…

この映画、ちょっと日本のUberEatsの労働環境に関するニュースと組み合わせてちょっとSNSで話題になっていたんですよね。

観終わったあとからすると「確かにあの労働環境はまじでヤバイ・・」と思ったので、まぁ時事ネタと組み合わせて取り上げられるのは納得。

個人的に思った感想をお話ししますね。

※ネタバレは最小にしています。

SPONSORED LINK

映画「家族を想うとき」について

監督:ケン・ローチ
キャスト:クリス・ヒッチェンズ、デビー・ハニーウッド、リス・ストーン、ケイティ・プロクター
監督のケン・ローチは『麦の穂をゆらす風』『わたしは、ダニエル・ブレイク』などの作品を手がけた監督さんです。

イギリス、ニューカッスルに住むある家族。父のリッキーはマイホーム購入の夢をかなえるために、フランチャイズの宅配ドライバーとして独立。母のアビーはパートタイムの介護福祉士として、時間外まで1日中働いている。家族を幸せにするはずの仕事が、家族との時間を奪っていき、高校生のセブと小学生の娘のライザ・ジェーンは寂しい想いを募らせてゆく。そんななか、リッキーがある事件に巻き込まれてしまうーー。
出典: https://filmarks.com/

夢のマイホームと家族の幸せを願い宅配ドライバーの仕事を選び頑張っているはずの父なのに次から次へと不運に陥ってしまう内容です。

仕事でのトラブルや家族の問題。息子は次から次へと問題を起こしてしまい(たぶん本当は良い息子)どんどん負のスパイラルにはまってしまうんですよ・・・。

予告動画はこちら↓

映画「家族を想うとき」を観て私が想ったこと

ネタバレしない程度に私が思ったことをお話しします。

・・なんでこうなってしまうの感が強い

正直この作品のような不運続きは稀なような気がしますが、とある一家の父親が宅配ドライバーに就職したところから負の連鎖がはじまっていくんです。

出だしはよかったのですが、だんだん家族のトラブルや仕事のトラブルが重なっていき負のスパイラルになるんですよね。

しかも父親だけでなく母親も一日中パートで介護福祉士で頑張っていて・・人手も少ない環境でどんどん辛そうになっていく(父の就職により影響もあるのですが)。

観ているこちらが「ここまでいっぱいいっぱいな状況になるものかね・・子は一体どうしたもんか」と思ってしまいそうなほどなんですよね。

両親が共働きで子供と接する時間が少ないと子供にも影響は当然でます。でも虐待があるわけでもないし不仲があるわけでもない、それなのに子がここまで悪事をしてしまうとは、子供って本当に繊細・・とも思いました。

実際現実にこういう家庭がたくさんありそうだとは思いましたね。とくに日本・・とくに日本・・

こんな労働環境、日本だけかと思ってた

本作のこの宅配ドライバーの仕事はフランチャイズ契約なんで労働者は自営業と変わらないんですね。なんか契約をするシーンからなんだか雲行きが怪しかったのですが、何やっても基本自己責任。

休むときも替わりを探さないと罰金。

まぁ・・ハードなんです。肉体労働そのもの。会社に守られないかわりにやった分だけ稼げるシステム。

あまりにも大変そうな様子が描かれているので「こういう光景、日本だけかと思ってた」そう思ってしまいました。

愛するがゆえに空回り。他人事とは思えないほどリアル

でも父親は愛情がたっぷりなんです・・それはそれは、家族を思っている。だって将来マイホームを購入して家族と幸せに暮らしたいと願っている、純粋な家族想いの父親なんです。

不器用なところもありながら、家族への愛情は観ているこちらもすごく伝わりました。

だからこそ仕事に対してそこまで自分を追い込んでしまうのですが・・やれどやれど空回り(とはいえ本人の不運というよりそもそも労働契約が大きく影響していますが)

子供とも気持ちが通じ合わず溝がどんどん深くなる。(子供たちは本当は良い子っぽそうですが)

これはどの家庭の父親にもありえる状況で、なんとも他人事とは思えませんでした。世の中の父ちゃん・・いろいろ背負ってる。。

まとめ

今回の映画、後味は微妙なところです。

ただ私にとってはとても印象的で「ああ・・良い映画だったな」って想ったんです。考えさせらる部分も多かったです。

「あれの労働環境はさすがに無理がある。家族を守るためでもあれは選択を見誤ったに違いない。だけれども父親の家族に対する愛情は相当なもの・・」とも感じて、なんだか観ているこっちは不甲斐ない・・と言いますか。

続編があったら絶対観たい(たぶん製作されない..)と思いました。

なんせ終わり方がね・・でもそういう魅せ方なんだと思います。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました