映画マザーの感想。カオスと理解不能と独特な世界観で気持ちが忙しかった。けど嫌いじゃないw

サスペンス

日本公開中止になったジェニファーローレンス主演映画「mother!(マザー)」をU-NEXTで鑑賞しました。

結論から言うと、理解不能不可避です!w

「え!?え!?なに!?どゆこと!?」って感じで終始頭の中に「?」がつきまといました。

ただ、酷評が多い映画ではありますが私は嫌いじゃない・・そう思いました。

なのでこれは完全に好みが別れる映画です。

あらすじや私の感想をお話ししたいと思います。

映画mother(マザー)の概要

  • 製作年:2017年
  • 製作国:アメリカ
  • 監督:ダーレン・アロノフスキー
  • キャスト:ジェニファー・ローレンス、ハビエル・バルデム、エド・ハリス

映画mother(マザー)のあらすじ

とある郊外の一軒家。

そこにはスランプに陥った詩人と、家の修繕をしながら夫を支える妻が暮らしていた。

そこへある日突然見ず知らずの訪問者がやってきます。

妻は知らない人だから、と少し不安気味でいるが夫は陽気で受け入れ、次から次へと見ず知らずの訪問者を受け入れてしまいます。

やがて訪問者達は家を好き放題に使い荒らし、家具などを壊しめちゃくちゃな状態に。

更には妻が出産したばかりの赤ちゃんを取り上げてしまい、やがて妻は怒り家に火を放ちます。

そして最後に残った妻と夫は、、、。

映画mother!(マザー)のみどころ

あらすじを紹介する段階でちょっとカオスさが出ていますが、まじでカオスで理解不能な展開が続くんですよ。

理解不能なストーリー

そもそもなぜ夫が見ず知らずの訪問者を受け入れるのか?

その訪問者がなぜどんどん増えていくのか?

なぜ家の家具を壊すのか?

なぜ赤ちゃんを取り上げるのか?

サッパリです!笑

ん?ん?と脳内の話の整理が追いつかず、あわあわしている間にもまたストーリーは展開していくわけでw

最初は「ちょっとワケありな夫婦なんだな」程度にか思わなかったのですが、だんだんしっちゃかめっちゃかになって笑

最後の最後にちょっとした伏線回収あり

そんな理解不能なストーリー展開だったわけですが、鑑賞を終えた後に「わけわかんなかったけどこの映画嫌いじゃないw」と思ったのは、最後の最後に「あぁそうゆうことだったのか!」

と思えた気がしたからです。確証はありませんが、最後に伏線回収できるシーンが出ます。

あくまで私個人の感想ですが、妻がなぜ家の修繕ばかりをやっていたのか、2人がセックスできなかったわけ、夫が大切にしていたもの、

それらがなんとなく分かります。

映画「mother!」を観て私が思ったこと

くどいようですが本当に理解不能なんです!w

終始「ん?なんで?」「さっきあんな状況だったのにあの人たちいったいどこいった?なんでここで喧嘩がおこるの?ん?」ってとにかく頭から「?」が消えません!w

そんな状態がずーっと続くので、これは酷評になるのも納得かも・・・なんて思いながら観てたのですが、最後の伏線回収でちょいスッキリがあったので私は嫌いじゃないなぁと思ったんです。

そしてさらに腑に落ちたことがあったんです。それがこの作品が聖書にちなんだ物語だということ。

ネット上にはこの映画についていろいろ書かれていて、どうやら聖書を題材にしたような作品みたいで、だからといって「あ〜だからああゆう感じなのね」って納得したわけではないのですが、日本だととくに聖書に親しみがないかと思うので、日本人は余計理解不能に感じやすいんじゃないかと思ったんです。

そういった意味で納得というか。

もしかしたら聖書に詳しい人なら「ほうほう」って納得できるかもしれませんね。あくまで予想ですが。

>>U-NEXTでmother!を観る!

まとめ

いや〜!こういう映画は人生初でした。

賛否両論、好みがかなりわかれる作品ではありますが、私は嫌いじゃない!w

私はU-NEXTで鑑賞したので、興味ある人はぜひ一度観てみてくださいね。(2019年1月現在の情報)

>>U-NEXTでmother!を観る!

タイトルとURLをコピーしました