ヒューマン 感動 洋画

【感想】マンチェスターバイザシーを鑑賞。辛い過去を背負った一人の男を観て私が感じたこと【あらすじ・ネタバレ】

投稿日:

\2週間無料!映画&海外ドラマが見放題/

マンチェスターバイザシーを鑑賞しました。

結論から言いますと、決してあとあじが良い作品ではないのだけれど、めちゃくちゃ人間味あふれる内容で、しんみりしました。

私が感じた見解と感想をレビューしたいと思います。ほんの少しネタバレありです。


マンチェスターバイザシーのあらすじ

心を閉ざして孤独に生きる男が、兄の死をきっかけに故郷に戻り、甥の面倒を見ながら過去の悲劇と向き合っていく姿を描いたヒューマンドラマ。

アメリカのボストンアパートの水道工事など、便利屋として働いているリー(ケイシーアフレック)は、ある日兄のジョーの訃報を受けて故郷のマンチェスター・バイ・ザ・シーに戻ります。

ところが遺言でジョーの息子である16歳のパトリックの後見人を任されていたことが発覚。

リーには悲劇すぎる過去の思い出が故郷の町にあり、苦悩と葛藤の間に日々を生きるリーの姿が描かれています。

  • 監督:ケネス・ロナーガン
  • プロデュース:マット・デイモン
  • ケイシー・アフレック(リー・チャンドラー役)/ミシェル・ウィリアムズ(ランディ役)/カイル・チャンドラー(ジョー・チャンドラー役)etc..

マンチェスターバイザシーはアマゾンプライムビデオで観れます(初月無料)

マンチェスターバイザシーを観て私が感じたこと

序盤から「リー、なんだか闇をかかえてそうだな」な雰囲気

序盤から主人公のリーが、なんだか闇を抱えてそう・・な雰囲気MAX。

情緒不安定というか、「彼の過去に一体なにがあったんだ」と思わせるような姿なんです。

喧嘩のシーンは、まぁ自暴自棄なんだろうなって思うけど人との会話とか、淡々として心ここに在らずって感じなんです。

「普通そこ取り乱すよね?」ってとこも平然としてて「闇かかえてそう」って感じました。序盤で。

だんだん彼の過去が知りたくなってくる

だんだんとリーの過去が気になってくるんです。

「あまりにもリアクションが平坦・・」

まぁそれがリアルな人間の姿っぽいっちゃーそうなんですが、だんだんと彼は一体どんな過去を抱えて生きてきたんだ?と気になりだしていきました。

おそらくかなりの悲劇なんだろうなと予想はしましたが。

「まじか・・」とてつもなく可哀想・・な気分になる

中盤になりやっと彼の過去が映し出されてきます。

予想はしていたけど、やはり悲劇すぎるシーンが待っていました。

こんなの耐えられない。

そりゃ、心がそのまんまスッポリ引っこ抜かれたような状態になるよな・・と。

リー辛いだろうな・・・ってちょっと感情移入しちゃいました。

辛い過去は、乗り越えられるものとそうでないものとがある

最終的に、悲劇すぎる過去をかかえたリーが出した決断に、個人的には超共感。

辛い過去を乗り越えいまは幸せ!な人もいれば、当然その逆もあるわけで。

そういう部分を人間味溢れる映像で表現されていました。

乗り越えればいいってもんじゃない。なにが正解なんてありゃしない。

乗り越えることが美的とされているなかで、リーが出した決断には、私はとても共感しました。

苦悩と葛藤って言葉がぴったり当てはまるような状況だったと思います。

そしてなんだか次第に私自身、やさしい気分になっていたのはビックリでした。

まとめ

ひっさびさに人間ドラマらしい作品を観ました。

リアルで、ケイシーアフレックの演技も人間味がどろどろ出てて最高。

人により解釈は異なりますが、私はただただ「そうだよね、うんうん」って、観ててこちらが辛くなるような傾斜もあったけれども

最終的にはなんだか優しい気分に浸ってました。これが同情心からくるかはわかりません。

そんな作品です。

★おすすめ動画配信サイトランキング★

毎年200作品以上映画・海外ドラマを観ている私おすすめの動画配信サイトをランキング形式で紹介!

Hulu

おすすめポイント

  • FOXリアルタイムランキングあり
  • 日テレ系アニメの動画配信もあり
  • Huluオリジナルコンテンツが豊富

-ヒューマン, 感動, 洋画

Copyright© 映画と海外ドラマを愛してる , 2018 All Rights Reserved.