【映画評価】ハンターキラー潜航せよが想像以上に面白かった〜!あらすじ・私の感想を紹介

ハンターキラー潜航せよを鑑賞! パニック

ジェラルドバトラー主演の映画「ハンター・キラー 潜航せよ」を鑑賞してきました。

結論から言うと面白かった&ドキドキハラハラした〜〜!

スリラー映画に分類されるみたいですが、まさにスリル満点でした。もうしょっちゅう狙われる展開だから、心が忙しかったです。

映画のあらすじと私の感想をお話ししたいと思います。

映画ハンターキラー潜航せよのあらすじ

ロシア近海で1隻の米海軍原子力潜水艦が姿を消した。ジョー・グラス艦長率いる攻撃型原潜“ハンターキラー”は捜索に向かった先で、無残に沈んだロシア原潜を発見、生存者の艦長を捕虜とする。同じ頃、地上ではネイビーシールズ精鋭部隊の極秘偵察により、ロシア国内で世界を揺るがす壮大な陰謀が企てられていることが判明する。
未曾有の緊急事態を回避するため、ハンターキラーには限りなく0に近い成功率の任務が下る。それは、絶対不可侵の水中兵器ひしめくロシア海域への潜航命令でもあった。グラスは任務遂行のため、シールズとタッグを組み、禁断の作戦実行を決断するが・・・。世界の運命は、一隻の潜水艦に託された――。
ハンターキラー公式サイトより参照

ざっくり言うと、アメリカがロシアの潜水艦の艦長を救出・捕虜としている中、ロシアの防衛省?のトップがクーデターを起こします。そこでピンチとなったロシアの大統領をアメリカが救出に向かうんですね。

ですがこのクーデター起こした奴がちょっと手ごわくてどんどん攻撃しかけるわけですよ。

おいおいまじかよ〜的な展開になり、

そこから救出&攻撃から逃げるドキドキハラハラ系のストーリーです。

監督:ドノヴァン・マーシュ
キャスト:
ジェラルド・バトラー(ジョー・グラス艦長)/ゲイリー・オールドマン(チャールズ・ドネガン統合参謀本部議長)/コモン(ジョン・フィスク海軍少将)/リンダ・カーデリーニ(ジェーン・ノーキスト)/トビー・スティーヴンス(ビル・ビーマン)

予告動画はこちら

映画ハンターキラー潜航せよを観た私の感想

いや〜!思ったより面白かった!(ジェラルド・バトラーかっこよか〜♪w)

ハラハラドキドキが止まりませんでした。

潜水艦に関する映画ってたくさんあって私もいくつか観てきましたが、これまでの作品とは一味違うな〜って思いました。

まずロシアの大統領を助け行き、その結果自らをも危険にさらしてしまう行為。

まぁでもそれでも救いたい!って気持ち・・・うん、グっときてしまいますね。

そして潜水艦内だけでなく陸自からの戦う仲間の行動にもスポットがあてられててこれも面白かったです。

こういう他国同士の戦い(戦争映画みたいな)は仲間が犠牲になるパターンが多くてですね、ハンターキラーもそういった場面はあったんでなんだかね・・う〜ん。。。って気分にもなりました。

だけども人を救いに行くって姿は、とてもとても勇敢で素晴らしいなって思い、感動しちゃいましたね、私は。

そういったこともふまえて、あ〜〜ドキドキハラハラあり、感動もあり、観てよかったなって思いました。

まとめ

いや〜!良いですね。潜水艦系の映画で面白いシリーズに仲間入り。

ドキドキハラハラ系映画が好きな人、そしてジェラルド・バトラーが好きな人(めっちゃかっこいい役柄なんでw)おすすめですー!

タイトルとURLをコピーしました