映画「蜘蛛の巣を払う女」の感想。ミレニアムシリーズ観ていなくても十分楽しめる作品&とにかくリスベットかっこよかった

アクション

映画「蜘蛛の巣を払う女」を鑑賞してきました♪

結論から言うと、面白かった!独特な世界観と主人公リスベットのかっこよさ そして トラウマや葛藤が積み込まれていて、終始うっとりしながら鑑賞することができました。

この作品はシリーズものなのですが、前作のストーリーがあいまいだった私でも十分楽しめる作品でした^^

映画「蜘蛛の巣を払う女」の概要

  • 原題:The Girl in the Spider’s Web
  • 製作年:2018年
  • 製作国:イギリス・ドイツ・スウェーデン・カナダ・アメリカ合作
  • 監督フェデ・アルバレス
  • キャスト:クレア・フォイ(リスベット)、シルビア・フークス(カミラ)、スベリル・グドナソン(ミカエル)

鬼才デヴィッド・フィンチャー監督の『ドラゴン・タトゥーの女』シリーズの最新作。原作はスウェーデンのベストセラー本「ミレニアム」で全世界で累計発行9,000万部以上の人気作品です。

映画「蜘蛛の巣を払う女」のざっくりとしたあらすじ

天才ハッカーのリスベットは、AIの世界的権威のバルデル教授から、核攻撃プログラムをアメリカ国家安全保障局(NAS)から取り返したいと依頼される。

リスベットはジャーナリストのミカエルに協力を頼み、プログラムを追っていきます。しかし裏で動いていた黒幕が16年前に別れた双子の姉妹カミラが関わっていると知り、やがて彼女の罠にはまってしまう・・・。

映画「蜘蛛の巣を払う女」の見どころ

シリーズ全作観ていなくても楽しめる

私の個人的な意見ですが、私はシリーズ作を観たことがあるような・・ないような・・そんな曖昧な記憶のまま「蜘蛛の巣を払う女」を鑑賞したんですね。

内心「話が繋がりすぎてわかんなかったらどうしよう」と思っていたのですが、案外大丈夫でした。

リスベットの過去に触れる場面や前作に登場したキャラも出ましたが、そこまでシリーズのつながりを感じさせる要素は私は少ないと思いましたね。

アクション要素が強いので、「おおおおおすげええええええええ」って感じの感想のほうが強いなと思いました。

サスペンス映画というよりアクション映画

一見サスペンス映画な雰囲気ですが、実際はアクション要素がたっぷりで、なんていうか女版007って感じ?

悪者を制す!みたいな感じのストーリーで、見ててスカっとして、ムカっとして、またスカっとして、「こんなアクションある!?すごー!!」って感じワクワクしながら観れました。

リスベットが親しみやすさを感じながらもクール&ビューティ

リスベットって私のイメージだとすごーーくすごーーーーくクール、そして美しい。

って感じなのですが、「蜘蛛の巣を払う女」では過去を振り返るシーンや姉妹であるカミラと向き合うシーンなど、人間らしさがでていて、それが親しみやすさに感じてなかなかよかったです。よりリスベットに感情移入できました。

いろんなシステムに入り込むのがすごい・・

リスベットは天才ハッカーなんで、プログラムを追うために、協力者を協力させるためにありとあらゆるシステムに入り込むんですが、それがまーーーーー巧みなテクニックでw

さすが映画って感じで実際にはありえないかもしれませんが、すごく楽しかったです。

そういったシステムを巧みに操るリスベットにもまたかっこよくてうっとりしてしまいましたね^^

過去の「ミレニアム」シリーズを観たいなら

過去のミレニアムシリーズを観てから「蜘蛛の巣を払う女」を観たい!って場合は下記の動画配信で配信中なのでチェックしてみてくださいね。(初回登録時は無料期間あり)

※2019年1月現在の情報です。

まとめ

かっこいい〜〜〜、面白い!

と一言に片付けたくなりますが、シリーズ全作観ていなくても十分楽しめましたし、観てよかったです。

女性が主役のアクション映画って個人的にすごく好きでして、「蜘蛛の巣を払う女」はとにかくリスベットがかっこよく、うっとりしながら鑑賞を終えることができました。

続編はもうないのかな・・?このシリーズ今後も続いてほしいです。


フォローお願いします!
アクションサスペンス
cinemaloveloveをフォローする
映画と海外ドラマを愛してる
タイトルとURLをコピーしました