【感想】クロエ・グレース・モレッツ主演「彼女が目覚めるその日まで」を観て思ったこと

ベッドに寝る女性 未分類

クロエ・グレース・モレッツ主演「彼女が目覚めるその日まで」を観ました!

結論から言うと、感動した・・けどちょっとだけモヤっと感もあり。これは映画に対してもやっというよりかは、私個人の性格が関係しています。

私の感想をメインにお話ししたいと思います♪

※これから観る人のためにネタバレは最小にしています。

クロエ・グレース・モレッツ主演「彼女が目覚めるその日まで」のあらすじ

監督:ジェラルド・バレット
キャスト:スザンナ・キャハラン(クロエ・グレース・モレッツ)/マーゴ(ジェニー・スレイト)/スティーヴン(トーマス・マン)

ニューヨーク・ポスト紙で働く21歳のスザンナ・キャハランは仕事も恋愛も順調な新聞記者として活躍していた。そんなある日、急に物忘れや仕事のミスが目立つようになってしまう。さらに幻覚やけいれんで病院に運ばれるように。精密検査をしても結果は異常がなく、このままだと精神病院に送られると言われてしまう・・。
そんな過酷な状況に置かれたスザンナの両親や恋人のスティーヴンは疑問を感じ、必死に彼女を助けようとする。

予告動画はこちら↓

【感想】クロエ・グレース・モレッツ主演「彼女が目覚めるその日まで」を観て思ったこと

映画のポスターをぱっと見したとき一瞬若い世代の恋愛映画かな?と思ったんですが、全然違いました。

むしろシリアスな内容でした・・とっても。

正直最初はちょっと暇つぶし感覚で観ようと思ったのですが観続けていくと「あれ・・なんか思っていたのと違う・・でも続きが気になる」そういう感じであれよあれよと結末まで一気観してしまったんです。

感想としてはまず、感動的だなと思いました。家族や彼氏、そして立ち向かってくれた医師の彼女を助けようとする想い。

けど、同時にこうも思ったんです。

「この人のように、原因不明な病気に苦しんでいる人はたくさんあるんだろうな。そしてそういった患者さんたちは、精神病院に送られてしまう可能性もあるんだな」と。

本当はちゃんとした病名があるのに、それがどうしてもわからず結局精神病院に・・なんてとても悲しすぎますよね。それが現実的なのかもしれませんが。

しかも今回のように脳に関係する病気って”精神”とのつながりが大きいから精神病と勘違いされやすいのかな、とも思いました。いや〜でも脳が燃えるような病気って・・・本当に言葉を失いますよね。人間の生命活動を司る大事な脳が・・って考えると・・。

脳って本当に複雑でこれだけ医療が進んでいてもわからない部分が多い=だからこそ不明な病気も多い。なんかこういうこと考えるとどうも複雑な気分に私はなってしまいました。

それからクロエの演技力もなかなかよくて、症状が現れる演技はとてもリアルで抵抗なく観入ることができました。

まとめ

とても感動的な内容でした。ただ、この作品は運命なのか奇跡なのか、あの先生と出会えたから病名がわかり適切な治療法で改善できたわけで。

世の中にはこういった先生に出会えずたとえば精神科のお世話になってしまう人が・・多いんだろうな〜とも思ってしまい、ちょっとだけもやっとしてしまったりもしました。

まぁ受け取り方で違ってきますが、たぶん感動する人が大半だと思います。

人のぬくもりや家族のきずなや・・いろいろ感じることができると思うので、ヒューマンドラマが好きな人にはおすすめ。そんな感じです。

タイトルとURLをコピーしました