【感想】ブラピ主演アド・アストラを鑑賞。つまらないと言われる要因を私なりに説明

宇宙 SF

アド・アストラを鑑賞してきました。

結論から言いますと・・・つ・・・・つまら・・(ごにょごにょ)かったです・・汗

いや、これは私の中で「宇宙系の映画だったらああいう系かな〜」って言う過度な期待感があったのもでかいです。

簡単なあらすじと、私なりの、つまらないと思ったワケを紹介したいと思います。

※ネタバレは最小限にしています。

SPONSORED LINK

アド・アストラのあらすじ

地球外生命体の探求に人生をささげ、宇宙で活躍する父の姿を見て育ったロイは、自身も宇宙で働く仕事を選ぶ。しかし、その父は地球外生命体の探索に旅立ってから16年後、地球から43億キロ離れた海王星付近で消息を絶ってしまう。時が流れ、エリート宇宙飛行士として活躍するロイに、軍上層部から「君の父親は生きている」という驚くべき事実がもたらされる。さらに、父が進めていた「リマ計画」が、太陽系を滅ぼしかねない危険なものであることがわかり、ロイは軍の依頼を受けて父を捜しに宇宙へと旅立つが……。出典:https://eiga.com/

一言でいうと、宇宙の遥か彼方で消息不明の父親を探しに行くSF映画です。

監督:ジェームズ・グレイ
出演:ブラッド・ピット、トミー・リー・ジョーンズ、ルース・ネッガ、リヴ・タイラー、ドラルド・サザーランド

予告動画こちら


SPONSORED LINK

【感想】アド・アストラを観て思ったこと

鑑賞して感じたことを要点ごとにお話ししたいと思います。

わりと平坦なストーリー

私の中では宇宙を舞台にした作品って、宇宙船絡みでドンチャン騒ぎするシーンが使われることが多いイメージがあるんですね。ドキドキハラハラはつきものというか。

でもアド・アストラは激しいシーンてそんななくてですね。鉄砲みたいなので撃たれ終われるシーンはありましたがそれもそこまでハラハラせず・・。

メインがやはり父親探しの旅ですから、人間の心情にフォーカスしているのかもしれません。悩める息子の葛藤といいますか。

勝手に”宇宙を舞台にした映画だったらこうなるだろう”と過度の期待をしたが故に

さきほどもチラっとお話ししましたが、”宇宙作品だからハラハラドキドキシーンがあるだろう”という過度の期待が私にはありました。

なのでその分実際のシーンとギャップが生まれ、「ちょっと期待していたのと違う」と思ってしまったのです。この期待がなければもっと楽しめたに違いない。

スリルを好む私の映画嗜好がそうさせたのも否めません。

結末がもっと迫力があってほしかった

最後、クライマックス。ついに父親の場所を突き止めます。

ここで多くの人がクライマックスの展開に期待をしたと思います。父親と共に帰れるのか?帰れたとしても無事に戻ってこれるのか?

結果は、(ネタバレになるので省きますが)うぅん・・・・そうなるかぁ・・。

と、まぁでも父親の気持ちを考えたらそうなっても不思議ではない。

やはりアド・アストラは宇宙での出来事よりも父と息子の心情にフォーカスした、そんな作品だと思いました。

まとめ

“宇宙の映画らしさ”みたいな期待感は持たず、ヒューマンドラマだと思えば楽しめるかもしれません。

私は正直つ・・・つまらないかな・・と思ってしまいましたが、人間の複雑な心情を垣間見るようなストーリーが好きな人ならアリ、かも。

タイトルとURLをコピーしました